銀行ローンのメリット

銀行カードローンの最大のメリットの1つが低金利で利用できることです。
消費者金融と提携している銀行カードローンでは金利面で大した差がない場合もありますが、基本母体が銀行であるため消費者金融よりも低い金利を実現しています。

カードローンは1社で長く取引実績を積めば利用可能枠が増額されるなど様々なメリットが期待できます。
いくつも掛け持ちしなくて済むよう、最良の借入先を見極めて申し込むことが大切です。

わずかな金利の差でも借り入れ金額によっては利息負担が大きく変わってくることも考えられます。
数多くの銀行カードローンから最もお得で自分に合った1社を見つけるには、事前にしっかり情報収集することがポイントになってきます。

まずは各銀行カードローンのホームページや比較サイトを参考にして、それぞれ最新の金利についてチェックしましょう。

銀行カードローンはなら複数社からの借入を一本化することで利息負担の軽減を狙いたい人にもぴったりです。
借入額が大きくなってより低い金利が適用されれば、支払い総額をグンと減らせる可能性があります。

一般的なカードローン金利は、実質年率4.5~16%といったように最低ラインと最高ラインを設けて幅広く表示されています。
限度額が大きいほど低金利で、限度額に応じて高い金利が適用されることになります。

ここで大事なのがどの数字を基準にして比較を行うかということです。
自分の限度額に応じた金利で比較しないと意味がありません。
諸条件から見て自身に適用される限度額はある程度予想がつきますし、実際に新規利用でいきなり最高限度額となるケースは多くはありません。
主婦などは大抵最低限度額&最高金利が適用されることがほとんどです。

つまり最高金利の低さに惑わされて1社に決めたとしても、実際の適用金利によっては他社より損をする可能性も出てきます。
大口での契約が見込める人以外は、最低金利で比較を行っておくほうが現実的ということを頭に入れておきましょう。
こちら(⇒アコムで利用限度額を増額する方法)のサイトでさらに詳しく書かれています。